トップ講習内容講習内容

講習内容

詳細

対象職種:幼・小・中・高等学校教諭・養護教諭/全講習共通
領域受講方法講習
番号
講義名
担当講師
時間数内容
必修 [通信]テキスト 1-A最新の教育事情
[所澤潤ほか]
6時間教育施策や世界教育の動向、子ども観と教育観、子どもの発達、子どもの生活の変化について、公益財団法人私立大学通信教育協会によって作成された教材「新しい教育事情」に沿って学んでいく。
選択必修 [通信]テキスト 2-A学校を巡る近年の状況の変化と法令改正及び国の審議会の動向
[所澤潤ほか]
6時間社会状況の変化と学校教育、学校に関する具体的な問題、教育改革の動向、国と地方における教育施策審議機関について公益財団法人私立大学通信教育協会によって作成された教材「新しい教育事情」に沿って学んでいく。
選択 [通信]オンデマンド
[通学]対面
[通学]録画
3-B不登校及び子どもの理解と対応
[藤後悦子・ 山極和佳]
6時間1.不登校の実態、不登校の子どもや親の心理に関する理解を深める。その上で,学校への不適応を未然に防ぐ予防的介入として,1次予防,2次予防,3次予防の具体例について学習する。
2.臨床心理学的な観点から、子どもへのカウンセリング的対応について解説を行う。具体的には、子どもの心の理解とカウンセリング的な関わりの方法、及びそれらにおける教師の自己理解と専門機関との連携の必要性を取り上げる。
[通信]オンデマンド
[通学]対面
[通学]録画
3-C非行及び家族問題の理解と対応
[出口保行・ 春日武彦]
6時間1.時々刻々と変化する非行少年に対応した生徒指導の在り方や、関係機関の積極的活用について理解することを目的とし、とりわけ、非行の進度の把握について非行性という概念を学習することをポイントとする。
2.精神医学的な観点から、問題を抱えた子どもや親等に対する理解と対応の解説を行い、家族問題とモンスターペアレントについて考える。
[通信]オンデマンド
[通学]対面
[通学]録画
3-D現在の子どもたちをめぐる問題
~発達障害と虐待への対応~
[渡辺千歳・ 竹内貞一]
6時間現在子どもたちをめぐる問題は、複雑さと多様さを増してきている。 教育の現場でも、発達障害を持つ子どもたちに対する支援の充実が求められる一方、支援ニーズの見極めが難しいケースに直面することが多くなってきていると考えられる。 また子どもたちの虐待問題は後を絶たず、教師が虐待に最初に気づくケースが多いのも実情である。そこで、当講習では発達障害や虐待の事例から、その具体的な対応方法などを考えていきたい。
[通信]オンデマンド
[通学]対面
[通学]録画
3-E思春期の生徒のメンタルヘルス
[髙橋一公・平部正樹]
6時間1.思春期から青年期における発達課題と自己形成について臨床発達心理学の立場から概観する。
また、現代社会における家族や社会との関わりの中で、思春期の生徒たちのこころのあり方について学習する。
2.臨床心理学的な観点から,思春期の子どもたちに生じやすい心の葛藤やつまずきについて概説する。また、事例をもとに個別的な支援が必要な生徒への対応やカウンセリング的関わりについて学習する。
[通信]オンデマンド
[通学]対面
[通学]録画
3-F教育現場におけるモチベーション・対人コミュニケーションの理解と促進
[角山剛・日向野智子]
6時間モチベーションの理解を通じて、学ぶ意欲、働く意欲を考える。さらに、学校現場での日頃のコミュ ニケーション(教員-生徒、教員-保護者、教員間)について、社会心理学、組織心理学の視点から、振り返りの手がかりを得る。理論と実習を通じて、モチ ベーションの促進と円滑な対人コミュニケーションの形成に役立つスキルについて学ぶ。

[通信]オンデマンド
[通学]対面
[通学]録画
 
3-G発達障害の理解と支援
[藤本昌樹・須田誠]
6時間 1.障害及び発達障害の概念を整理し,各発達障害の診断基準,心理学的特徴,それらに配慮した保育や教育の在り方に関して,保護者の思いや実際の指導例なども交えながら,具体的に概説する。
2.発達障害の二次障害としての不登校・ひきこもり等の問題の実態とその支援について理解を深める。心理的問題に向き合う心構えだけでなく,環境への介入や調整の方法についても検討をする。
※担当講師は変更になる可能性もございますので予めご了承ください。

講師紹介

1-A 最新の教育事情

2-A 学校を巡る近年の状況の変化と法令改正及び国の審議会の動向

所澤 潤

こども心理学部 教授
所澤 潤

東京大学教養学部基礎科学科卒業、東京大学大学院教育学研究科を単位取得退学後、東京大学教育学部助手、群馬大学教育学部講師、助教授、教授、同教職大学院教授、群馬大学名誉教授を経て、現職。

3-B 不登校および子供の理解と対応

藤後 悦子

こども心理学部 教授
藤後 悦子

筑波大学国際関係学類卒業、筑波大学教育研究科修了、東京学芸大学大学院連合学校教育研究科単位修得満期退学。博士(学術)。臨床心理士・臨床発達心理士として、スクールカウンセラー・保育カウンセラー・学生相談・子育て支援・巡回相談などに携わる。

山極 和佳

モチベーション行動科学部 准教授
山極 和佳

早稲田大学大学院人間科学研究科博士課程終了後、早稲田大学助手、東京福祉大学講師を経て現職。博士(人間科学)。臨床心理士として、臨床心理実践に取り組んでいる。

3-C 非行及び家族問題の理解と対応

出口 保行

こども心理学部 教授(学部長)
出口 保行

東京学芸大学大学院修了後、国家公務員上級心理職として法務省入賞。犯罪者を心理分析する資質鑑別に従事。このほか、法務省大臣官房秘書課勤務や国連派遣等を経験。法務省法務総合研究所研究部室長研究官を最後に退官し現職。

春日武彦

こども心理学部 講師
春日 武彦

産婦人科医を6年務めた後、障がい児を抱えた母親へのフォローをきっかけに精神科医へ転ずる。著書「無意味なものと不気味な物」(文藝春秋)、「幸福論」(講談社現代新書)、「病んだ家族、錯乱した室内」(医学書院)等多数。

3-D 現在の子どもたちをめぐる問題 ~発達障害と虐待への対応~

渡辺 千歳

こども心理学部 教授
渡辺 千歳

お茶の水女子大学大学院博士課程修了後、保健所での言語の相談、保育園での発達支援児巡回相談など、発達につまずきのある子どもに関する相談活動に携わる。國學院大學栃木短期大學教授を経て現職。臨床発達心理士。

竹内 貞一

こども心理学部 教授
竹内 貞一

東京学芸大学教育学部卒業。同大学院教育学研究科修了。早稲田大学大学院文学研究科修了、大学院在学中から、子どもの心理臨床に関わり、県教委の教育の相談専門員やスクールカウンセラーなども務めた。臨床心理士。

3-E 思春期の生徒のメンタルヘルス

高橋 一公

モチベーション行動科学部 教授
髙橋 一公

明星大学大学院人文学研究科心理学専攻修了。一般企業の企画開発部にて適性検査等の開発に従事。その後、身延山大学、群馬医療福祉大学の准教授を経て現職。臨床発達心理士、精神保健福祉士。

平部 正樹

こども心理学部 講師
平部 正樹

早稲田大学大学院人間科学研究科修士課程修了。東邦大学助手、目白大学専任講師等を経て現職。東邦大学で博士(医学)を取得。臨床心理士として精神科クリニックで心理面接、心理査定等を行っている。

3-F 教育現場におけるモチベーション・対人コミュニケーションの理解と促進

角山 剛

モチベーション行動科学部 教授(学部長)
角山 剛

立教大学大学院文学研究科修士課程、同社会学研究科博士後期課程単位取得退学。立教大学、東京国際大学を経て現職。1992-93年米国ワシントン大学客員研究員。現在、産業・組織心理学会常任理事、人材育成学会常任理事、日本応用心理学会理事。

日向野 智子

こども心理学部 講師
日向野 智子

東北福祉大学社会福祉学部卒業、昭和女子大学大学院生活機構研究科博士後期課程修了(学術博士)。立正大学心理学部特任講師を経て現職。対人関係における苦手意識を主たるテーマとして研究。

3-G 発達障害の理解と支援

藤本先生

こども心理学部 准教授
藤本 昌樹

東京学芸大学大学院心理学講座修了、東京医科歯科大学大学院小児家族発達看護学分野修了、博士(看護学)。臨床心理士、学校心理士、祉会福祉士、精神保健福祉士。元静岡福祉大学、桐生大学准教授。その間、小中学校スクールカウンセラー、小児科等で臨床心理士として勤務。

須田誠(加工)

こども心理学部 准教授
須田 誠

慶應義塾大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。慶應義塾大学医学部非常勤講師等を経て現職。臨床心理士として地域保健所等でひきこもり支援に従事。

〒120-0023 東京都足立区千住曙町34-12
お問い合わせ:03-5813-2530(月~金9:00~18:00)

qr

Copyright © Tokyomirai. All rights reserved.

to-top